過ぎたるは及ばざるがごとしの「舌苔」ケア

あれだけ分厚く「舌苔」がこびりついてしまっている以上は、とにかく一刻も早く取り除かなきゃヤバイよね!

ダンナの黄色味を帯びた、見るからに臭いそうな「舌苔」を目撃してしまって以来、アタシはなんだか焦るような気持ちになってた。あれこそがダンナの「口臭」の根源なのかと思うと、大げさでなく、爆弾を抱えているような気すらしていたからだ。

舌苔を直接こすってこそげ落とす「舌磨き」っていう方法が一番ダイレクトでわかりやすいし、効き目もありそうだよね。

そう思い立ったものの、いろんなサイトで調べた限り、まず「舌磨き」をするには「舌ブラシ」という専用の道具が必要らしい。でも、そんな道具が、少なくともうちの近所のスーパーやドラッグストアで普通に売られているのを見かけた記憶はアタシにはない。インターネットでなら手配はできるにしても、届くまでには時間もかかる。

それにやっぱり、ちょっと頑固なところのあるうちのダンナにそんな道具を使わせるのは、きっと至難の技だろう。ダイレクトに「口臭」のことになんか触れた日には、うるさがってかえって意地でも使わないような気すらする。いや、あれは頑固というより、あれで結構、プライドが高い男なのだ。

歯ブラシとかで代用はできないわけ?すぐさまそう考えたものの、自己流で無理やり舌苔を削り取ろうとすると、「糸状乳頭(しじょうにゅうとう)」と呼ばれる舌の表面にある小さな突起物まで削り取ることになって、それがかえって舌苔を増やすことに繋がるらしい。

削りカスとして落ちた糸状乳頭の細胞が口の中の細菌群のエサになって舌苔が増えたり、傷ついた糸状乳頭が長く伸びることで、そもそも舌自体が、むしろそれまでよりも舌苔が増殖しやすい作りになってしまうらしいのだ。

となると、一番簡単な方法はマウスウォッシュか……。さすがにうちのダンナも毎日歯は磨いてるわけだし、歯磨き後に薬用マウスウォッシュでうがいをすれば、口の中に生息してる口臭の原因菌を歯磨きと薬用マウスウォッシュのダブルで殺菌できる。これ当然、歯周病の予防にもなるよね。

しかし、歯周病一つとっても、調べてみるといろいろ出てくる、出てくる。不快な口臭を原因から探って改善、消すには?というサイトには、歯周病になると、糖尿病をはじめとする生活習慣病を引き起こす率が高くなるっていう研究報告がいろんなところでされるようになってきてる、なんてことも書いてある。

アラフィフ夫婦のアタシたち。当然ながら、生活習慣病だってもはや他人事じゃない。こうなると、ますます口腔ケアを侮るわけにはいかなくなってくる。

今日、この後買い物に出たら、早速マウスウォッシュを買ってきて、さりげなく洗面台に置いておこう。

うちのダンナ、前回の会社の健康診断で血糖値が若干高めに出てたことを気にしてたから、糖尿病と歯周病の関係性の話をすれば、意外と素直にマウスウォッシュを使うような気がする。

これ、アタシの妻としての感。

とりあえずは「舌苔」対策から始めることに

無論、「歯周病」の方も気になるけど、まずは「舌苔」の方から対策し始めようと思って、再びいろいろと調べてみた。そしたら、ただ白いコケ状のものだとばかり思っていた舌苔にも、いくつか色の違いがあることがわかった。

そこで、ダンナの舌苔の色を確認するため、再度ダンナに舌を出させることに。今度はカレーを作って食べさせた後、「香辛料の色の強さを確認したいから、舌出してみて」とかなんとか、わけのわからない言い訳をしたら案の定、「そんなのお前が自分の舌で確認すりゃいいじゃん、なんでオレなんだよ」と怪しまれて焦った。

だから、「いや、もちろんアタシも自分でも確認したんだけど、やっぱり自分の舌だけじゃ、ちょっと不安でさ。アタシたちももういい歳だし、そろそろ健康にはマジで気を使った方がいいと思って。で、やっぱ健康作りは食べ物からって思うと、香辛料一つとっても、あんまり胃に負担がかかりそうなものは避けた方がいいかなっ?てさ。なんか、香辛料も色が強いと、胃に負担がかかりそうって気がしない?」

ってアタシがここまで言ったら、ダンナが「ふ~ん」って言って、面倒くさそうに舌を出した。フーッ。ヤレヤレだよ、まったく。にしても、ダンナの舌が黄色い!

実際、カレーを食べたんだから無理もないのかと思いきや、アタシはさっき、こっそり自分で自分の舌の色もチェック済み。そして、アタシの舌はあんなに黄色くなかった!

舌苔が黄色いってことは、胃腸のバランスが崩れてることを意味すると同時に、体の抵抗力が下がってるってことらしい。ここのところ残業続きで夜も遅いし、そのうえ付き合いと称して飲みに行ったりもしてるから、胃腸が弱るのも無理はないよ。昨日も朝食の後、出がけ前に胃薬飲んでるの目撃したし。

けど、口臭の原因の60%は「舌苔」にあるとか書いてあるサイトもあるし、これはなんとかするべきだよね。対策としては、「舌磨き」「薬用マウスウォッシュ」「こまめな水分補給」ですか……。マイボトルで水でもお茶でも持たせたいとこだけど、あの面倒くさがりのダンナがそんなものを持ち歩くとも思えない。

あ、でも「唾液の分泌を促す」ために、ガムとかアメとかを食べるといいって書いてあったから、まずはキシリトール入りのクールミントガムとかを渡して、食べさせるようにするところからスタートかな。

「舌苔」もだけど、「歯周病」もヤバイかも?!

まずはダンナの「舌苔」の付き具合をチェックしてやろうと思ったものの、朝が弱いダンナはギリギリにしか起きないから仕事に出かける前はいつもバタバタしてるし、夜は夜でここのところはダンナも残業続きで遅かったから、「ちょっと舌出してみて」なんて声をかけるようなタイミングはとてもじゃないけどなかった。

で、2日前の土曜、休みで遅く起きたダンナ用に作る朝昼兼の食事をパン食にして、こないだ初めて買ってみた「ざくろジュース」を付けてみた。あえて「ざくろジュース」を付けたのは、舌を出させる口実のため。

「なんかこのジュース、飲むと舌に色が付くような気がするんだけど、どうよ? 着色料が強いのかな? ちょっと舌出してみてくんない?」って言うためのね。実際は無添加無着色のジュースなんだけど。ダンナは何も考えずに、惰性で見てたテレビから一瞬だけアタシの方に顔を向けて、「ベーッ」と舌出しして見せた。愛想あるんだかないんだか。

そしてアタシは絶句した。心の中で「ゲゲッ」って声がして、思わずダンナの舌から目を背けそうになった。思った以上に「真っ白」だったのだ。正直、グロくさえもある。それでもアタシは平静を装って、「ああ、そうでもないね。アタシの気のせいだったか」と作り笑いでごまかした。

別にダンナにオベンチャラを言うつもりも言ったつもりもないけど、ウチのダンナ、あれで結構ガンコなとこがあるから、「舌苔」(って言葉を、そもそもダンナが知っているかどうか謎だけど)の付き方がスゴイことや、そのせいでダンナの口臭が酷いことをダイレクトに指摘なんかした日には、この先の「ダンナのクサイ口臭消すぞ作戦」がやりずらくなるに決まってる。

ここはひとまず我慢、我慢。

ダンナは特に私の言葉を気にするでもなくテレビに顔を向け直すと(やっぱり愛想ないわけね)、お笑い芸人のつまらないネタにニヤニヤし始めた。

その顔を見た私に、第二の衝撃が走る……。

「え?この人の歯肉って、こんなドス黒い色だったっけ? これって世に言う、歯周病ってやつ?」すぐにでもパソコンを開きたい気持ちを抑えて、ダンナが食事し終わるのイライラしながら待った。
食後、ダンナが二階に引き上げていくのを見て早速、インターネットで「歯周病」について調べる。

厚生労働省の調査では、30~64歳の成人の8割が歯周病に罹患している……。マジで?

この結果って男女問わずなんだろうから、年齢層や8割って割合からいって、アタシだってヤバイ。なんかアタシまで自分の口臭が気になってきた。

家のローンも見通しがついてきた3年前、アタシはなんだか心身ともにドット疲れちゃってフルタイムでの仕事はやめた。けど、今もお小遣い稼ぎにちょっとしたパートには出てる。つまりアタシにだって、日常生活における対人関係はあるのだ。

とはいえ、まずはやっぱり酷すぎるダンナの口臭対策から。ってか、歯周病については徐々に調べながら、自分にも当てはまるようならダンナと同時に対策していくしかないかな、これ。

しっかし、ダンナのクサイ口臭は、「舌苔」と「歯周病」の二つ(以上かも)が原因の複合型の可能性が大。なんか大変そうだけど、こりゃ、気合い入れて根本的に対処しないと、マジでヤバそう。

口臭ケアは唾液の分泌量や「舌苔」がカギ?!らしい

とにかく1日も早くダンナの口臭を改善してやろうと、さっそくインターネットを使っていろいろと調べてみた。

調べる前は、ウチのダンナ、酒はあんまり飲まないけど、今どきまだタバコも吸ってるし、そのせいで口臭がキツイってこともあるだろうし、やっぱり、まずはもっとしっかり歯磨きさせた方がいいのかな?とか、そんなことを考えてた。

だけど、実際調べてみて意外だったのが、口臭には唾液の分泌量がすごく大事らしいってこと。結局、口の中が乾燥して、雑菌が繁殖しやすくなると、そのせいで口臭が発生するらしい。
逆に言うと、口の中が乾燥しなければ細菌の増殖を抑えられるから、口臭も発生しにくくなる。だからこそ、口の中の唾液は豊富に出た方がいいってこと。

でも、口の中を乾燥させないためには、どうでも自分の唾液じゃなきゃいけないってことではないらしく、こまめに水分補給をして、口の中を潤すだけでもずいぶんと効果があるみたい。

あともうひとつ意外だったのは、「舌苔(ぜったい)」っていう、あの舌の上にできる白い苔(コケ)みたいなやつが相当のクセモノだってこと。「舌苔」のことをそんな風に呼ぶのははじめて知ったし、食べ過ぎた時とか、風邪をひいた時とかにできやすいような気がしてたけど、その実体は口の中で古くなって剥がれ落ちた粘膜と食べカスからできてるモノで、細菌の温床ってことらしい。

なんか、「細菌の温床」って聞くだけでゾッとするけど、舌苔の中に含まれるたんぱく質成分を分解するときに、VSCって呼ばれる揮発性硫黄化合物を発生させて、これが「卵の腐敗臭」みたいな悪臭を放つせいで、相当キツイ口臭を発生させるんだとか。

卵が腐ったような匂いかどうかまではちょっと何とも言えないし、ダンナのクサイ息をじっくり嗅ぐなんて勇気もないけど、ダンナの口臭が相当キツイことだけは確か。

今日にでも何か口実を作って舌を出させてみて、舌の上の「舌苔」の付き具合を確認してみようと思う。

ダンナの口臭が気になって仕方ない!

いきなりだけど、最近ダンナの口がクサイ!
普段、話してても辛いけど、夜、隣で寝てるダンナがイビキをかいてる時は特にキツイ。

言いたかないけど私ももはやアラフィフで、ダンナとの結婚歴ももはや30年近く。
うちは子どもはいないけど、子どもがいなけりゃいつまでもラブラブなんてのはウソ!
実際、ダンナとの会話もずいぶん減ったし、まさにお互い空気?みたいなもん。

だから、ダンナの口臭が気になりだしたのも、始めのうちは「倦怠期」のせい?って思ってた。でも、違う、これは違う。ダンナの口は本当にクサイのだ!

この状態が続いたら下手をすれば離婚の危機!?
いや、それ以前に、会社でもきっと周りの人に嫌がられてるんだろうね~って思うと、自分まで恥ずかしくなってくる。特に「若い女の子とかに嫌われてるよね、きっと」とか想像すると、ホント嫌。
「口がクサイことが、出世に響く」なんてことはないわけ?

とにかくアタシは決心した。
ダンナの口臭をなんとか改善しようと思う。ダンナのためっていうよりはむしろ自分のため。

なんたって今時はインターネットがあるから、なんだって調べられるし、なんだかんだ言ってアタシ、結構そういう細かいこと好きだし。

ダンナの口臭改善作戦を密かに企てつつ、その成果をここに書けば、それがアタシのちょっとしたストレス解消にもなるし。

だから、これからは名付けて「ダンナのクサイ口臭消すぞ!作戦」について書こうと思う。